投稿日:

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。

それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取する事で、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。当たり前ですが、妊活中の女性にかなり、最も重要な栄養素であることはエラーありません。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中をはじめた早めの段階で、ご飯やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けてください。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取しはじめた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、持ちろん良いと思います。

一方で、葉酸は様々に活躍してくれます。たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も続けて葉酸を摂るようにする事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法にポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防止する為に、火をとおさずその通り食べられるのが一番良いのですが、食材によってどうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱をとおすくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理がめんどくさい、または自由にご飯したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。
実際にはそれはちがいます。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという所以です。

実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高くなるそうなのです。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普段のご飯にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

中々妊娠できない体質から抜け出すのに、ご飯を見直すことも一つの手かもしれません。

卵子は持ちろん精子だって、親の体内で創られるのですから、食生活が劣悪だと妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待しにくいでしょう。

妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大事です。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言い出しにくい感じがしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法をうけることにしたんです。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、中々妊娠には至らないものですね。
それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。

相乗効果なのか、服用後2か月には二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きを持ちますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がお勧めです。

せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。普段のご飯から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいますから、避けた方が無難です。葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中には葉酸以外にもイロイロな栄養素が不足しがちです。また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特質があります。

ですから、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。

こうしたサプリは妊娠しやすい体つくりのためにも役立ちます。ですから妊活中の女性も摂取をお勧めします。私がしる限り、妊活の際に一番、意識して欲しい事と言えば、やはりご飯の内容です。
日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方は大げさかもしれませんが、本日にでも妊娠の可能性があるという所以です。

ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的なご飯で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。
多くの方が、妊娠検査キットで妊娠をしると思います。

ですが、それより前から新しい命がお腹の中で成長をはじめています。妊娠は授かり物です。

実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活をはじめている方は、なるべく早いうちに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。周囲の励ましや期待などが負担となったり、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。
治療していますからすから、あとはおおらかに構えるのが大事です。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、普段通りの生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくることもありますよね。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリによる葉酸の補給です。

サプリだったら、手間なく葉酸を摂取できますから、普段のご飯で十分に摂取できているのか不安な方も安心です。
妊婦が摂取する事で胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。普段のご飯でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)から摂るのもむずかしい、なんてこともあると思います。
無理なご飯は体調を悪化させてしまいますから、ご飯は控えめにして、葉酸は葉酸サプリメントに切り替えることで葉酸をしっかりと摂取できるという所以ですね。皆さんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取がもとめられています。赤ちゃんが健やかに育つように、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。ですから葉酸サプリで補給するのが良いと思います。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、どれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。あわせて読むとおすすめ>>>>>先天性異常の確率(日本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です